• HOME
  • スタッフブログ詳細

スタッフブログ

2021/05/05 白水館だより

こどもの日

皆様こんにちは!(^^)
緊急事態宣言やまん延防止等重点措置下でのGWとなりますが、可能な範囲でお楽しみ頂けている事と思います。

さて、本日5月5日はこどもの日です。
当館ロビーにも5月人形を飾っております。

こどもの日画像

五月人形
昔は、武士の家に男の子が生まれると、玄関前に兜や人形などを飾り、お祝いをしていたそうです。鎧や兜は戦いでの防御として身を守る大切な役目をもっていた為、今日では、その精神を大事にして、五月人形として飾るようになりました。
男の子の誕生を祝い、無事に成長し、強く、立派な男子となるようにとのご家族の願いがあります。つまり、鎧、兜が身を守ってその子に災いがふりかかりませんように、受験・就職・結婚など、人生の幸福に恵まれますようにという思いが込められているのです。

こどもの日画像

端午の節句
端午は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。江戸時代に入り、勢力の中心が貴族から武家に移るとともに、「菖蒲(しょうぶ)」の音が、武を重んじる「尚武(しょうぶ)」と同じであることから、「端午の節句」は、「尚武(しょうぶ)」の節句として、武家の間で盛んに祝われるようになりました。この節句は、家の後継ぎとして生れた男の子が、無事成長していくことを祈り、一族の繁栄を願う重要な行事となったのです。3月3日のひなまつりが、女の子のための節句として花開いていくのに呼応するように、5月5日の端午の節句は、男の子のための節句として定着していきました。

こどもの日画像

5月5日、こどもの日の意味・由来を知ると昔も今も子は宝なんだと再度気づかされます。

本日ご宿泊のお客様も是非歴史を感じながら5月人形をご覧頂ければと思います。

こどもの日画像

お客様に安心してご利用頂けるよう、感染症拡大防止対策を常に行っております。

薩摩伝承館も下記時間で営業しております。
9:00〜18:00(最終入館17:00)※売店 浮見堂 17時閉店
※状況次第で変更になる場合もあります。ご了承ください。
http://www.satsuma-denshokan.com/

指宿にお越しの際は、是非お立ち寄りくださいませ。


このページのトップへ