• HOME
  • スタッフブログ詳細

スタッフブログ

2021/01/23 指宿情報 白水館だより 観光スポット

北薩探訪【出水酒造編】

昨年、当館売店での試飲販促イベントに、
片道約2時間半ほどかけて、何度も出水市からわざわざお越し頂いていた
出水酒造株式会社 様。
古くから天然水をいかした焼酎づくりが盛んな町で、
本格焼酎「出水に舞姫」をはじめ、「赤鶴」「出水は鶴之里」などを製造されています。

先日工場見学をさせて頂けることになり、出水市へ行ってまいりました!
出水市は、毎年冬に国指定の天然記念物のツルが、ロシア・シベリアや中国東北地方から
越冬の為に飛来してくる、鶴の里として有名な町です

北薩探訪【出水酒造編】画像

のどかな風景にひと際目を引く大きな建物、こちらが出水酒造様です

工場の中に入らせて頂き、その清潔さに一同ビックリしました!
「焼酎はお客様のお口に入るものなので、それを造る蔵は常に清潔でいなければ」ということで、
毎日隅々まで清掃されているそうです。床もガラスもピカピカ

北薩探訪【出水酒造編】画像 北薩探訪【出水酒造編】画像

焼酎の原料は大きく麹、薩摩芋(コガネセンガンという品種が主)、水の3つです。
こちらで使う麹は、白麹と黒麹だそうで、サンプルを見せて頂きました。

北薩探訪【出水酒造編】画像 北薩探訪【出水酒造編】画像

(画像左上)
薩摩芋はベルトコンベアで運ばれ洗われた後、中央にあるまな板で芋を切る作業は全て人の手で行います。
カットされた芋を使用して一次仕込みが行われます。

(左下)
麹菌と芋、水を入れ熟成させる二次仕込みの際に使われる、「櫂棒(かいぼう)」というもの。
材料を混ぜるための棒で、長さは2メートル以上あります!
そしてとても重い!!男性でも持ち上げるのがやっとです。

(右下)
醸造させるかめ壺、たぬきの置物で有名な信楽焼の壺を特注されているそうです。
こちらも150センチくらいの高さで、人がすっぽり入れそうな大きさでした。

北薩探訪【出水酒造編】画像

「赤鶴」という銘柄は、このかめ壺ではなく杉の木でつくられた樽で醸造されます。
木の色や香りが移り、風味豊かなものに仕上がります。
この樽は釘を一切使用しない職人技によるもので、銘柄ごとの細部への強いこだわりを感じました。

その後こちらのレーンを通って瓶詰めし、ライトを照射させ人の目によって最終確認をした後、
ラベルが貼られ、全国に出荷されます。

北薩探訪【出水酒造編】画像

…と、ここまでで一連の流れが完了するのかと思いきや、
出水酒造様での焼酎づくりにはまだ続きがありました!

実はこちら、工場と同じ敷地内に「ホテル泉國邸」というホテルを併設されているのですが、

北薩探訪【出水酒造編】画像

1階のエントランスの下、何と地下にもかめ壺を貯蔵されていました(゚д゚)!!

北薩探訪【出水酒造編】画像

エレベーターのドアが開いた瞬間、ふわっと焼酎の香りが漂ってきました♪
地下蓋に被せてある紙の色で銘柄を判別しているそうですよ。
また画像下は、こちらのホテルでウェディングを挙げられた記念で、
かめ壺に焼酎を仕込むようにされているそうです。

一行は再度工場内に戻りました。工場内にはお食事処や売店があり、
工場見学とあわせて食事やお買い物が楽しめます

食事は手打ち十割そばが名物とのことで、そばとのセットメニューが豊富でした!
(そばが召し上がれない方には、和風ラーメン等のメニューもありました)
restaurant_2021012311172308f.jpg
食事と一緒に、焼酎試飲も楽しむことも出来ましたよ^^

売店では焼酎はもちろん、盃やオリジナルのエコバッグ、
焼酎のおともにピッタリの地元名産品など、たくさんの魅力的な商品があり目移りしてしまうほどです。
DSC_0591.jpg

焼酎づくりの丁寧な説明と、食事や売店などの施設も充実していて、
本当にたっぷり工場見学を楽しませて頂きました
教えて頂いた内容を、当館でもぜひお客様にお伝えさせて頂ければと思いました。

(工場見学ご希望の際は、出水酒造様の公式HPなどで
事前のご確認をされてから行かれることをお薦め致します)
出水酒造株式会社様→ https://izumi-syuzou.co.jp/

このページのトップへ